一重に酵素と言ってもピンからキリまで

30代は乾燥対策化粧品

セラミドは肌の水分保持力の80%を担う細胞間脂質の40%を構成する成分です。水分を挟んで肌内部の水分を保持しています。生まれたばかりのころはたっぷりあったセラミドも、20代をピークに減少します。30代ころになると乾燥が気になりはじめます。詳細はこちら→セラミド 化粧品を見てね。

 

乾燥するとターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積します。光を均一に反射できずくすみが目立つようになります。角質で毛穴がふさがれるとニキビになります。シワも乾燥が原因でできます。
乾燥はあらゆる肌トラブルの原因です。30代は保湿をしっかりと行うことが美肌を保つために大切です。
赤い保湿力がある成分はセラミドとヒアルロン酸です。詳細を知りたい方はセラミド 化粧品にお越し下さい。

 

セラミドは歳とともに減少するので化粧品で補ってあげます。ヒアルロン酸は1gで6?もの水分を保持できる成分です。水溶性なので、化粧水でも乳液でも取り入れやすいです。どちらも分子が大きく浸透が悪いので、肌の内側から潤いを与えるなら成分を小さくして浸透力を高めたものがおすすめです。